ペンタブレットの筆圧を設定する

ArtRageの使い方:ペンタブレットによるクリック・ドラッグのやり方
目次

筆圧設定のポイント 

筆圧はペンタブレットのドライバーで設定します。このドライバーで設定した筆圧が、お絵かきソフト側に反映されることになります。ここでは、ワコムのIntuosというペンタブレットのドライバーで解説します。

筆圧は強すぎても、弱すぎても描きにくくなります。中くらいの強さに設定しておきましょう。

よくある質問

Q:どうして筆圧を設定するのですか?

A:筆圧が弱すぎると、実際描かれる一筆のサイズが小さくなってしまったり、色を塗っても薄いということが起こります。逆に筆圧が強すぎても、水彩など微妙な筆使いをするツールでは汚い仕上がりになってしまうことも。

動画で見る:筆圧の設定

詳しいやり方

ペンタブレット(以下ペンタブ)の筆圧設定はワコムのドライバーから行います

①ワコムのドライバーを開きます。Windowsの場合、「スタート」をクリックします

「すべてのプログラム」をクリックし、下の方へ向かいます

「ワコム タブレット」を開き、「ワコム タブレットのプロパティ」を選択します

④上部のアプリケーションの中から「Artrage」を選択します。筆圧の設定項目がある、「ペン」をクリックします

「筆圧レベル」の中でクリックし、バーの動きを確かめます。真ん中くらいまで伸びていれば、OK。ちょうどいい筆圧になっています

⑥もし筆圧が弱いようであれば、「ペン先の感触」「柔らかい」の方へ動かします。もし筆圧が強いようであれば、「ペン先の感触」「硬い」の方へ動かします。

そして、バーが真ん中くらいまで伸びるようにします。

→動画一覧へ戻る

目次
閉じる