油彩の設定

Artrageの使い方:設定 設定画面を開くには、油彩を選択した状態で「設定」をクリックします。

Artrage油彩の設定画面

以下をクリックするとそれぞれの項目へ飛べます。

使い方のヒント

  • 初期設定のキャンバスも油彩によく合いますが、他のキャンバスを使うとまた違った効果が得られます
  • デジタル混色とアナログの混色では同じ色を混ぜても結果が異なります。アナログ混色に近づけたい場合には、カラーピッカーの「リアル混色」を選んでください。
  • 油彩は細かな線画を描くには向いていません。インクペンなど他のツールを試してください。
  • 絵の具が濃すぎると感じる場合には、「補充量」「筆圧」を下げて、「うすめ液」の数値をあげてください。
  • パレットナイフを使うと、油彩ツールとはまた違った塗り方が楽しめます。

プリセット

プリセットとはツールの設定集のことです。

プリセットの中身は選択中のツールによって変化します。油彩には「Dry Blush」(ドライブラシ)や「Normal Round」(丸筆)といったプリセットが用意されています。

プリセットを選択することで、使う都度設定を変更する手間が省けます。自分でお気に入りの設定を作って、新しいプリセットとして登録することも可能です。

Artrageの油彩プリセット

設定値の詳細

筆圧

筆圧とは、キャンバス上でツールをどれだけ強く押しつけるかという圧力のことです。

元となる筆圧の基準は入力装置(ペンタブなど)に基づきます。筆圧に対応している入力装置であれば、自分の手で筆圧を変化させながら描くことができます。

筆圧を変えると、ペン先にかかる圧力はもちろん、各ツールサイズによる描画・効果の範囲が変わります。

Artrageの油彩における筆圧の変化

うすめ液

うすめ液とは油彩における溶剤のことです。

絵の具はうすめ液が少ないほど濃く、多いほど薄くなります。

Artrage油彩うすめ液


ポイント
  • うすめ液を50%以上にすると筆のテクスチャーをなくすことができます。

Artrage油彩絵の具テクスチャー

  • うすめ液を75%以上にすると絵の具が半透明になり、色を重ねることができます(グレーズ効果)
  • うすめ液の量を増やすほど、絵の具同士のブレンド(混ざり合い)は起こりにくくなります。これはキャンバスに付着する絵の具の量が減るためです。
  • たっぷりのうすめ液を含んだ筆を使って、すでに塗ってある部分をブレンドすることができます

補充量

補充量とは筆に含ませる絵の具の量のことです。

補充量を少なくした状態で一筆描いてみると、途中で絵の具が少なくなってかすれます。「うすめ液」との組み合わせで様々な表現ができます。

Artrageの油彩における補充量

速乾

速乾をオンにすると絵の具を自動で乾燥できます。完全に乾いているという扱いなので、上から色を重ねても下の色と混ざることはありません。


ポイント
  • 速乾をオンにすると、うすめ液の量に関わらず乾いた絵の具として描かれます
  • 速乾をオフにしても、一度速乾オンで描かれた部分が濡れた状態に戻ることはありません

自動洗浄

Artrage油彩における自動洗浄

四角いペン先

Artrage油彩における四角いペン先

形状

Artrage油彩の形状

回転

Artrage油彩の回転

剛性

 

Artrage油彩における剛性とは

参考サイト:Oil Brush – ArtRage