水彩技法表現用のグロップペンセット

ArtRageでウェットオンドライ、グレイズなどの技法表現を行いたい時。実は水彩ツールよりグロップペンの方がリアルな表現ができたりします。

このページのトップ絵の陰の部分が、まさにグロップペンで描いた部分になります。

水彩用にカスタマイズしたグロップペンは、以下からダウンロードできます。

なお、ダウンロードしたファイルの取り込み方ですが。ArtRageを起動し、メニューの「ファイル」の中にある「パッケージファイルをインストール」を選択します。あとはダウンロードしたファイルを選ぶと、グロップペンのプリセットとして追加されます。

水彩画用A5サイズファイル

水彩ツールは、他のツールよりも強くキャンバスの影響を受けます。この辺り自分の好みで調整しながら、使う必要があります。

無調整のまま使っていて、「ArtRageの水彩は意味わからない」と嘆いている方が多いので、初心者さん向けのファイルを作ってみました。

印刷サイズはA5(解像度は300)です。少し画質が下がってもよければ、A4用としても使えると思います。

以下のレイヤーが含まれています

見えるテクスチャ

印刷にも表れるテクスチャです。オーバーレイ設定してあります。お好みの方を表示させて、もう片方は非表示にして下さい。

日本紙

ArtRageフォーラムで配布されていたテクスチャを用紙サイズに合わせて、バケツ塗りしたレイヤー。少し不透明度を下げての利用がおすすめ。

水彩紙

同じくフォーラム配布のテクスチャで塗ったもの。水彩画のデフォルト用として。

見えないテクスチャ

目にはっきりと見えませんが、描画したときの筆跡に影響します。

ArtRage標準の紙目をA5水彩用に調整したものです。それぞれのレイヤーの中で描いてみると、違いがよく分かると思います。

中目

癖のない塗りができます。

粗目1

かなり粗いです。うすめ液を増やした水彩で、わざと汚しを作りたい時などに。

粗目2

粗目1より目のサイズが細かくなっています。

ファイルは以下からダウンロードできます。

ファイルに入っているレイヤーはあくまでサンプルです。これらを参考に、自分好みのテクスチャを組み込んだり、目の粗さやサイズを調整してみてください。