インクペン編チュートリアルで出来るようになること

Artrageの画材の中でも特にシンプルな「インクペン」。このインクペンを使って 、かんたんなイラストが描けるようになります。練習を積めば、手ぶれ補正機能を使ってLINEスタンプなど本格的なイラストを描くこともできます。

またこのチュートリアルをこなすことで、キャンバス操作や筆のサイズ調整などArtRageの基本が身につきます。

絵画用お絵描きソフト(アートレイジ)について

以下のArtRage各アプリで利用できます。リンク先より購入可能です。

ArtRageをお持ちでない方は、PC用の無料体験版が利用できます。ペンタブがなくてもマウスで描けます。

完成イメージ図

インクペンイラスト

画面の操作

ArtRageを起動する

スタート、またはデスクトップのアイコンより起動

Artrageには無料体験版があります

ファイルの保存やエクスポートはできませんが、他の機能は制限なしで使えます。インストール手順は別冊の「日本語でわかるArtrage導入ガイド」で解説しています

インストールが完了したら、さっそく起動してみましょう。スタートメニューにある「Artrage 5」または、デスクトップにショートカットを配置した方はそちらからも起動できます。

ArtRageのアイコン

Artrageを起動すると、白い紙が表示されます。この白い紙が「キャンバス」です。Artrageではキャンバスに絵
を描いていくことになります。

キャンバス

ファイルを開く

サンプルファイルをダウンロードする

絵を描く前に、キャンバスの拡大縮小などの画面操作を学びましょう。

練習用にサンプルファイルをご用意しました。 この「キャンバス操作用サンプルファイル.ptg」というファイルをダウンロードしておいてください。

ptgとはペインティング(painting)を略したもの。ptgファイルはArtRageの専用ファイルです。

サンプルファイルを開く

メニューの「ファイル」の中にある「作品を開く」をクリックします。

先ほどダウンロードしたファイル「キャンバス操作用サンプル.ptg」を選択し、開きます。

キャンバスの操作方法

サンプルファイルを開いたところです。チューリップの絵が描かれたキャンバスが表示されています。

キャンバス位置設定(※PC版のみの機能)

※iPad・Android版ではタップ操作によって画面の拡大縮小、回転が行えます。

拡大やパンニングなど、よく使うキャンバス操作をこれ1つで行えます。表示するには、画面右上のアイコ
をクリックします。

キャンバス位置設定

非表示にするときは、真ん中の「×」をクリックすると消えます。

ペンやマウスで縁をドラッグすると、配置位置を変えることができます。

 

キャンバスを拡大・縮小する

キャンバス位置設定を使う場合

「+」の虫眼鏡または、「-」の虫眼鏡をクリックします。

倍率を数値で指定したい場合には、「(倍率)%」の文字をクリックします。

使わない場合

メニューの右に並んでいる「+」をクリックすると拡大、「-」をクリックすると縮小されます。

倍率を数値で指定したい場合には、「(倍率)%」の文字をクリックします。

ショートカットキー
  • 拡大:「Ctrl」押しながら「0」
  • 縮小:「Ctrl」押しながら「1」

パンニングする

キャンバス位置設定を使う場合

「十」(十字)の上でドラッグすると、キャンバスをつかんで動かせます。

パンニング

キャンバス位置設置を使わない場合

マウスの右ボタンを押したままドラッグすると、キャンバスをつかんで動かせます。

描く・消す

ファイルを新規作成する

キャンバス操作の練習が終わったところで、本番用のファイルを作成していきます。

メニューの「ファイル」の中にある「新しい作品」をクリックします。

今回の練習では、特にキャンバスサイズにはこだわりません。

「ウィンドウのサイズを使用」をクリックし、画面サイズと同じキャンバスサイズにします。「OK」をクリックすると、新規ファイルが作成されます。

線画の作成

ツールピッカーからインクペンを選択する

Artrageで使えるペイントツールは、左下にあるツールピッカーに集まっています。この中にある「インクペン」をクリックします。

インクペン

インクペンは、LINEスタンプ・記事の挿絵などのイラストを描くのに向いています。

プリセットを選択する

各ペイントツールは、筆圧やサイズなど細かな設定が可能です。お気に入りの設定ができたら「プリセット」として保存し、使いまわしができます。

今回は、Artrageにプリインストールされているプリセットを使ってみましょう。

ツールピッカーの右にある「プリセット」をクリックします。

プリセット

一覧から「Tecnical Pen」(テクニカルペン)を選択します。これだけで、 「Tecnical Pen」の設定がインクペンに適用されます。

設定を確認する

これですぐ描くことができますが、その前にちゃんとプリセットの設定が反映されたか確認してみましょう。

ツールピッカーの左上にある「設定」をクリックします。

設定

「Tecnical Pen」の設定が適用されていることを確認します(※図はPC版のArtrage5のキャプチャです。他のverやArtrageでは値が異なる場合があります)。

インクペンの設定

ダイアログを閉じても、ツールに影響はありません

今開いた、「プリセット」と「設定」はここで閉じてかまいません。中身を確認したり、値を変更するときだけ開く、という使い方をします。使わないときは操作の邪魔になるので閉じてしまいましょう。

色を選ぶ

画面右下にあるカラーピッカーを使って、ペイントツールで使用する色を決定します。今回は黒い線を描きたいので、黒を選んでいきましょう。

ツールピッカーは外側から、「色相」、「輝度・彩度」、「サンプル」という3つのエリアに分かれています。

黒を選ぶには、「輝度・彩度」のエリアの黒い部分(ちょうどエリアの右下)までドラッグします。「サンプル」に黒い色が示されればOKです。

カラーピッカー

線の太さを決める

線の太さを決めます。ツールピッカー内にある「*%」の上でドラッグして数値を増減させるか、 「*%」をクリックして数値を入力します。

筆のサイズ

適切な筆のサイズはひとそれぞれ

何%でどれくらいの太さの線で描画されるかは、キャンバスサイズや筆圧で変わってきます。画面の隅にでも試し描きして、ちょうどよいと思える太さにしてください。本物の鉛筆で描いたときも、人によって線の濃さや太さが違いますよね(^^) それと同じです

線を描く

今回は簡単なイラストということで、チューリップを描いてみたいと思います。

ペンであれば、本物のペンのようにそのまま描いてください。マウスであれば始点でクリックしてからドラッグすると、線を描けます。

今は手振れ補正もかけてませんので、こんなガタガタの線になるかもしれません。

練習なのでどうぞ気軽に描いてみてください(※手振れ補正は扱いに慣れが必要なため、このチュートリアルの最後でご紹介します)

はみ出てしまったところも、次のページの工程で修正します。今はそのままでかまいません。

描画に失敗してもう一度やり直したいときは、メニューの「取り消す」をクリックします。1クリックで1回の操作分戻ります。

消しゴムで消す

消しゴムを使って、はみ出た線を消すことができます。

ツールピッカーの中にある「消しゴム」をクリックします。

消しゴム

消しゴムもプリセットを使います。ツールピッカーの右にある「プリセット」をクリックします(先ほど開いたままであれば、この操作は不要です)。

プリセット

プリセット一覧から、「Instant Erase」(インスタント・イレイズ)を選択します。

Instant Erase

消しゴムの大きさを決めます。ツールピッカーの下部にある「*%」の上でドラッグして数値を増減させるか、 「*%」をクリックして数値入力をします。

ペンであれば、そのまま線をなぞると消えます。マウスであればドラッグすることで線を消せます。

消しゴムの大きさがわかりにくいときは?

カーソルの形状が「アウトライン」であれば、消しゴムサイズをある程度大きくすると○(円)で表示されます。この円にかかった部分が消えるという目安になるので、細かい修正がしやすくなります。

カーソル形状の変更を行うには、メニューの「編集」の中にある「Artrage環境設定」を選択します。

Artrage環境設定

「カーソル」を開いて、「アウトライン」を選択。「OK」で設定完了です。

カーソル

カーソルがアウトライン表示の場合は、円の輪郭を線にこすりつけるようにして消すのがコツです。 もしよく見えないようであれば、キャンバスを拡大してください。

「インクペンで簡単なイラストを描こう②」へ続きます→