鉛筆の設定

 鉛筆アイコン

Artrageの使い方:設定 設定画面を開くには、鉛筆を選択した状態で「設定」をクリックします。

鉛筆の設定値

筆圧

筆圧とは、紙に鉛筆を押しつける強さのことです。筆圧の数値が大きいほど力強く濃い線になり、小さいほどキャンバスの模様が筆跡に反映されやすくなります。

柔らかさ

柔らかさとは、鉛筆の芯の硬さ(2B、HBなど)のことです。数値が大きいほど芯が硬くなり、細かな線を描きやすくなります。数値が小さいと芯は柔らかく、暗い色となり、広い面を塗りやすくなります。

(※「シャープペンシル」オン時のみ表示される)

シャープペンシル

シャープペンシルとは、デジタルシャープペンのことです。オンにすると、「設定」がシャープモードに切り替わります。シャープペンシルモードでは、筆跡にキャンバスの模様が反映されず、「傾き角度」を設定できません。そのかわり、「滑らかさ」を設定して手ぶれ補正機能を使うことができます。

シャープペンシル

滑らかさ

滑らかさとは、手ぶれ補正機能のことです。手の揺れを抑えることで、なめらかな線が描けます。数値が大きいほど、補正は強くかかります。手ぶれ補正をオフにするには数値を「0」にします。

(※「シャープペンシル」オフ時のみ表示される)

傾き角度

傾き角度とは、鉛筆を持ったときの角度のことです。ペンタブレット使用時にはペンの傾きが反映されますが、設定として角度を指定することもできます。「0」でまっすぐ鉛筆を立てた状態になります。「100」で鉛筆を寝かせた状態になります。

ノイズ量

ノイズ量とは、鉛筆に含まれるノイズ(ざらつき)の量のことです。数値を増やすほどノイズが増えて、デッサン向きのシェーディングを表現しやすくなります。

ノイズ目盛り

ノイズの目盛りでは、ノイズの大きさを変えることができます。

ノイズ目盛り

実際の使い方

線を描く①一筆で描く

デジタル的な描き方です。線の切れ目まで、一筆で一気に描きます。

線を描く②線をつなげながら描く

トラディショナル(伝統的)な描き方です。複雑な形状でも描きやすく、味のある線に仕上がるという特徴があります。

手ぶれ補正できれいな線を描く

「シャープペンシル」をオンにして、「滑らかさ」の値を増やします。描く場所にあわせて、その都度値を変えるのがコツです。

関連動画