下書き画像をレイヤーとして取り込む

レイヤーを下書きへインポート_ipad ArtRage1 レイヤーを下書きへインポート_ipad ArtRage2

手書きのイラストをカメラで撮影した後、レイヤーとしてArtRageに取り込むことが可能です。

ArtRage側で清書する場合には、特に前準備はいりません。

下書き画像にそのまま着色する場合には、取り込み前に背景透過アプリを使って、画像の背景を透過しておくのがおすすめです。

→iPad版ArtRage使い方の目次へ戻る