デジタル絵画でちいさなお絵描き

デジタル絵画をPC・タブレットで楽しみませんか?描いた絵は飾るのはもちろん、オリジナルグッズを作ったり、サイト記事の挿絵に使ったり活用方法はいろいろ。★作品集、Artrageの使い方はメニューバーの中です

ラフ図を清書・色塗りし、イラストに仕上げるやり方(続:黒猫コタツ編)

calendar

実際ラフ図をトレースして、きれいな線画を描く

以前、基本の黒猫イラストからバリエーションを増やす方法を特集しました。

今回はその続きをご紹介したいと思います。ガタガタだったラフ図が、キレイかつ、かわいいにゃんこイラストへと大変身しますよん。

ラフ図を新規ファイルへ配置する

前回作ったラフ図にはこれ。元となった黒猫から、3パターンのコタツにゃんこを作りました。

黒猫コタツのラフ図まとめ

操作は、Windowsタブレット版のArtrageで行っていきます。

まずは右上の、「けっこうなコタツですな」とぬくぬくしている黒猫から作りましょか。

新規ファイルを作成してラフ図を配置したら、右上の黒猫を残して他の部分は削除します。

コタツの中でぬくぬくとしている黒猫のイラスト

前回のラフ図よりきれいになっているかと思いますが、配置後に以下の作業を行っています。

  • 左右対称で描きやすいよう、グリッドを表示
  • 目の真ん中を基準として、キャンバスのセンターへ移動
  • いびつだったコタツ布団の形を修正(インクペンで描き足した)
  • ラフ図より少し明るめの色に変更し、色彩を統一

トレース中はなぞることだけに集中したいので、こういった下準備は先にすませておきます。

ラフ図の線をなぞって清書していく

ここからは楽しいトレース作業です。今回の絵は正面を向いた左右対称のイラストなので、Artrageの対称ペイント機能が便利。左半身をなぞれば、自動で右半身が描画されます。

ラフ図を少し薄くして、線をなぞっていきます。今回は清書なので、手振れ補正機能もオンにしてあります。ブレのないきれいな線が描けます。

ラフ図を少し透過して、上からペンで猫の顔をなぞる

いちおう各パーツ(耳や目など)はレイヤーを分けて描いています。ラフ図の段階で位置決めはしましたが、全体のバランスを見て後で移動する可能性があるからです。

こんな感じです。左にある「レイヤー」を見ると、「耳」と「顔の輪郭」で別レイヤーなのがおわかりいただけるかと。

黒猫の顔の輪郭と耳をペンで清書

猫部分のトレースが完了しました(ラフ図を非表示にした状態)

線画トレースが完了した、黒猫イラスト

同様に、布団部分もトレースして仕上げます。これで線画はできあがりです。

こたつでぬくぬくしている黒猫イラストの線画

線画に色を塗る

色塗り用のレイヤーを追加し、着色を始めます。

順番ですが、一番下にあるものから塗っていきます。少しくらい塗りがはみ出てしまっても、上に来る塗りでいい具合に隠すことができるからです。

というわけで、まずは黒猫からヌリヌリ、と。線画レイヤーを塗りレイヤーより上においてあるので、色を塗っても線が潰れることはありません。

ラフ図からのイラスト清書5

着色に使う色は、スポイト機能でラフ図から拾っています。ぬり絵感覚で楽しい(^.^)

着色作業中のこたつニャンコ

仕上げに、エアブラシで頬紅を入れます。これで、1つ目のコタツにゃんこはできあがりです。

黒猫の頬にエアブラシで頬紅を入れる

続いて、2つ目のコタツにゃんこ。口元を変えるだけなので、簡単。

コタツニャンコイラストその2:気持ちよくて、舌をしまい忘れた猫

最後、3つ目。顔と耳の線画を回転したので、布団や腕など隣接する部分も修正しています。

コタツニャンコイラストその3:コタツの中でよだれを垂らして寝ている黒猫

ラフ図さえしっかりできていれば、こんな感じでサクっとイラストに仕上げることができます。下書きって、とても大事。