デジタル絵画でちいさなお絵描き

デジタル絵画をPC・タブレットで楽しみませんか?描いた絵は飾るのはもちろん、オリジナルグッズを作ったり、サイト記事の挿絵に使ったり活用方法はいろいろ。★作品集、Artrageの使い方はメニューバーの中です

スタンプ風イラストで淡い色を表現するには、ハッチングがポイント

calendar

図面の応用で、塗り潰し部分を斜線やハッチングで表現できる?

前回の記事で描いたアビシニアン。2色塗りのスタンプイラストに仕上げたものの、やっぱりどうも落ちつかない……。

猫イラストスタンプ化完了の図

耳と首を塗りたい。でも通常2色刷りであろうスタンプを考えると、”薄い赤”を使ってしまうのはものすごく邪道な気がします。

そういえば。昔CADの仕事をしていたとき、図面における塗り潰しパターンを線で表していました。斜線やドット、クロスハッチングを漫画のトーンのようにして使うんです。これ、イラストにも使えるかも?

クロスハッチングのステンシルを使って、顔に模様を重ねてみる

ちょうどスタンプ化最中の猫さんがいたので、うまくいくか実験してみました。

元絵はこれ、スコティッシュフォールドさんです。赤と白の2色でスタンプ化しようとすると、元絵とかなり雰囲気が変わってしまいそうです。

スコティッシュフォールドのイラスト

ちょうどArtrageのステンシル一覧に、クロスハッチングがありました。これを使って、猫の顔の薄茶色の部分にハッチングを載せてみます。

Artrage4のステンシル一覧画面

こんな感じです。むむっ、意外といけるかもしれない。

猫の薄い模様をハッチングで表現する

もっと淡い色を表現するには、普通のハッチングを用いる

胴体にもハッチングし、そのまま最後まで描き進めてみました(※クロスハッチングだと濃ゆい顔になってしまったので、あとからシンプルハッチングに置き換えました)。

いかがでしょう? 元絵のイメージとあまり差異がないのではないかと思います。

猫スタンプイラスト完成図

おおっと、忘れていました。アビシニアンさんはこんな感じでリニューアルしました。耳の部分はクロスハッチで少し濃い目、地の毛色はハッチングで薄く仕上げています。2色スタンプのときと見た目が全然違いますね~。

猫スタンプの図

さて。すっかりスタンプ風イラスト作りにはまってしまい、素材として使えそうなものもたまってきました。明日にはシール用イラストとしてまとめてアップしようと思います。