デジタル絵画でちいさなお絵描き

デジタル絵画をPC・タブレットで楽しみませんか?描いた絵は飾るのはもちろん、オリジナルグッズを作ったり、サイト記事の挿絵に使ったり活用方法はいろいろ。★作品集、Artrageの使い方はメニューバーの中です

iPadとアプリ「Keynote」で1枚12円コスパ抜群の名刺を作る方法

calendar

名刺作成手順⑥名刺データを印刷・またはPDFへ出力

完成したファイルは、おうちにプリンターがあればそのまま印刷、もしなければPDFファイルにしてコンビニから印刷できます。

ファイル出力は、右上の「・・・」をタップします。おうちプリントの方は、「プリント」から印刷して一足先に終了です。コンビニ印刷の方は、「コピーを送信」をタップ。

iPad版Keynoteで作成した名刺をエクスポートする方法1の図  

フォーマットは「PDF」を選択。

  iPad版Keynoteで作成した名刺をエクスポートする方法1

送信先は普段使っているクラウドでかまいません。私はGoogle Driveに保存しておきました。

iPad版Keynoteで作成した名刺をエクスポートする方法3

アップロードして完了。家での作業はここまでです。

印刷手順⑦保存したPDFファイルを光沢紙に印刷する

コンビニ印刷でWi-fiを使うなら、PrintSmash

ではでは。コンビニのコピー機から光沢紙へ印刷する手順を説明します。

コンビニへiPadを持ち込んで、Wi-fiを使ってコピー機へPDFファイルを飛ばします。必要な無料アプリはこちら、「PrintSmash」です。

コンビニ印刷でWi-fiを使うならPrintSmashの図

例のごとく、App Storeで検索してインストールしてくださいまし(レビューがついてないので不安かもしれませんが、大丈夫。私が人柱として実験済みですw)。

PrintSmashが使えるコンビニは、サンクス、サークルK、ファミリーマート、ローソンです。中には非対応の店舗もあるので、対象店舗は以下の公式サイトからご確認くださいませ。

PrintSmashを起動させるのはまだ早い。まずはコピー機へタッチ!

近所のサンクスへやってきました(いったいサンクスのコピー機にいくら注ぎ込んでるんだろ、私……)。

コンビニでまずやるべきことは、コピー機側の操作です。PrintSmashの起動はその後です。iPadの方は、とりあえず電源を入れるくらいでよろしいかと。

※以下、iPad操作をしつつの撮影のため、映りがいまいちな写真、写真をとれなかった手順もありますがご了承くださいませ。

コピー機の前へ来たら、画面左下の「プリントサービス」を押します。

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法1の図

サービスの一覧から「PDFプリント」を選択します。確認が出たら、同意します。

 

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法2の図

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法3

メディアのタイプは「スマートフォン(PrintSmash)」を選択(※iPadでも、ここはスマートフォンを選びます)

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法4の図

「iPhone/iPadをご利用の方」の下にある「次へ」を押す。

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法5の図

ここで、Wi-Fiへ接続します。ネットワークの名称とパスワードがコピー機の画面に提示されます。

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法6の図

iPadの「設定」を開き、「Wi-Fi」をのぞくと探している接続先はすぐ見つかります。パスワードを問われたら、コピー機の画面を見つつ入力します。Wi-Fiがつながったら、コピー機画面の「次へ」を押します。

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法7

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法8の図

すみません、思い切り写真がブレています。なんの面画かというと、アプリ「PrintSmash」からファイルをアップロードをするよう求められています。その際送信パスワードが必要なので、画面に表示された番号を入力します。

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法9の図

早速、アプリ「PrintSmash」を起動します。今回はPDFを印刷するので、下部の「PDFをプリントする」をタップ。印刷したいPDFファイルを選択し、送信します。

iPad版Keynoteで作成した名刺をコンビニ印刷する方法10の図

送信が完了すると、コピー機の画面に送信したファイル名が表示されます。このファイルを選択し、「次へ」を押します。

お疲れさまでした。ここからは、通常の印刷手順と同じです。A4の光沢紙を選択し、フルカラー印刷で枚数は1枚に設定。あとはプリントアウトするだけ。

できましたっ!(※実用に作成した分なので、個人情報はぼかしてます)。今回はベタ塗りの枠を使わなかったので、色ムラもなく、きれいな仕上がりです。あぁ……イラストアイコンに持たせた楽器が小さすぎましたねぇ。

コンビニでプリントした個人名刺の写真 

印刷したら、用紙はカバンやクリアファイルにしまわず、そっと手で持ち帰りましょう(すれると文字やイラストが滲むことも)。

カッターと定規を使って丁寧に切り離すと、こんな感じの仕上がりになります。あ、切る時は力を入れて一思いに切ろうとしない方がいいです。スッ、スッと薄い切れ込みを重ねて切るようにするときれいな断面になりますよ。

切り離した状態の個人名刺

この10枚セットで印刷代金は120円でした。安っ! でもその分がっつり労働しましたね~。

関連記事

BiziCardで名刺を作ろう

Keynoteより費用がかかる分、もっと少ない手間で作成できます